« 1206【六甲縦走】須磨浦→宝塚45㎞ 奥様初トライ 8時間18分! | メイン | 引っ越しのお知らせ »

2016年12月26日 (月)

1225【雪山登山】イン谷口→武奈ヶ岳→北比良峠

Dsc_7809Sony Smartphone xperia X Compact

スマホを新しくしたので写真がキレイなのか、、、いや景色が良いのだ。

武奈ヶ岳からの眺望は素晴らしかった。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~ホワイトクリスマスin武奈ヶ岳~


スノーボード ブログランキングへ

Dsc_7770_冬休みに入ったが雪も降らず予定も無いので奥様と武奈ヶ岳へ。

イン谷口少し下に駐車7:49スタート。

自宅から約1時間半。

Dsc_7772_地図には載っていないが大山口に立派な駐車場あり!

Dsc_7775_振り返ると琵琶湖がキレイ。

Dsc_77768:57 青ガレ辺りから雪が見え始めた。

Dsc_7780_9:54 金糞峠を越えて中峠の手前辺りから全面的に雪化粧。

さすがに冷えてきたので長袖Tシャツの上にレイン着用。

Dsc_7789_ 中峠からワサビ峠が一番雪深く20㎝位であったが、踏み跡を辿ればスパッツ無しでもOK。

写真は西南稜から武奈ヶ岳へ。

樹氷がキレイ、そういえば今日はクリスマスであったがその雰囲気を高めてくれた。

Dsc_7792_山頂が見えてきた?

雪山っぽい感じが出てきた。

Dsc_7808_11:14 武奈ヶ岳(1214m)到着!

青空も見えてきた。

Dsc_7801_やはり寒い、マイナス2度くらい?

フリースとダウンをレインの上から羽織り防寒。

すぐさまお湯を沸かす。

Dsc_7804_

Dsc_7805_ 琵琶湖に乾杯してからの生卵のせカレーヌードルが昼食。

このうえなく旨い!!!

そして体が温まる幸せspa

Dsc_7813_記念撮影。

当初はトレランウェアで行こうかと思っていたが、防寒の登山スタイルで正解。

簡易アイゼンも用意していたので超久しぶりにKEENの登山靴を履いたが靴擦れ。

やはり山はトレランシューズに限るが、雪山のアイゼン装着を考えてミドルカットのゴアランシューズは一足欲しくなった。


武奈ヶ岳は12年前に一度、そして数年前に沢登りで、そして今回が三度目。

奥様は初めて。

360度の景色が望めるのと、山頂から街並みが視界に入らずに琵琶湖の眺望が楽しめるのが良い。

Dsc_7818_11:38 下山開始。

だんだん雲が少なく青空が広がってきた。

Dsc_7820_冬景色を堪能しながらサクサク下っていく。

Dsc_7821_12:27 八雲ケ原

Dsc_7827_12:49 北比良峠。

ここも抜群に良い!

風が無ければテント泊に良さげな場所(して良いかどうかは不明)。

Dsc_7830_ ダケ道を下るが、思った以上に歩き易い。

Dsc_7834_13:57 終了。

距離14.25km、時間6:09(休憩含む)、1226cal消費、26,032歩。

なかなか良いホワイトクリスマス登山であった。

お疲れさまでした。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~ホワイトクリスマスin武奈ヶ岳~


スノーボード ブログランキングへ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/358900/34022372

1225【雪山登山】イン谷口→武奈ヶ岳→北比良峠 を参照しているブログ:

コメント

カツオさん

明けましておめでとうございます!
今年も宜しくね(^_^)v

ここ最近奥さんとの山行が多いね!
良い事だわぁ(~_~;)

山はトレランシューズに限る!
って事だけど..........
まあ軽快に動くのが目的の無雪期の低山でのトレランメインなら問題無いだろうし逆にそうで無いと駄目なんだろうけど、国内でも3000m級の厳冬期の山はトレランシューズじゃ一発で凍傷だから、重たいけどしっかりしたブーツ履いてよ!
特に奥様には履かせてあげてね!
我々はバチバチの冬用ブーツにネオプレンソックスやら最善の策を考えてても阿弥陀岳北西稜で手足指先と鼻先がプチ凍傷だったからね..........

北比良峠は自己責任までマナーを守って!
って感じでのテン泊は良いと思うよ!
我々もテント何回も張ってるし管理整備関係者もテント張ったりしてるよ!

bp-hiroさん、あけましておめでとうございます!そして遅コメ失礼しますm(_ _)m
奥様が走るのに目覚めましてローカルで小さなトレランレースに出たりしてます。
そんな事もあったりで二人で山に行くことが増えました。
夫婦でのんびり行くのも良いものですね~。

我々は厳冬期の3000mに行くことは有り得ないので大丈夫です(笑)
行くなら私がスプリットボードでくらいかな。
小屋泊りの夏山3000mならトレランシューズの方が私達にとっては良いですね。状況により様々でしょうが、私の場合は登山靴を履かなくなってから膝の痛みが出なくなりました。それは登山靴に寄るものかどうかも不明ですが、年は重ねていくのに痛みが出なくなったのは不思議なことです(笑)テントの重装備ならまた別かもですが。

ただ今回のように簡易アイゼンを装着するようなケースはミッドカットくらいのシューズが良いかなと思いました。できるだけ軽いのんで良いのですが。
山に行くのは何かと入用ですがそれもまた楽しみの一つですね。
いつも参考にさせてもらっております^^

コメントを投稿

フォトアルバム

パーツ

カテゴリ