« 0802-04【白山】南竜山荘-黒ボコ岩-禅定道-市ノ瀬 vol.3 ~最終~ | メイン | 0809-10【雲の平】飛越トンネル‐黒部五郎岳‐鷲羽岳‐太郎山 周回 vol.1 »

2016年9月 1日 (木)

0831【沢登り】甲川源流(鳥取県 伯耆大山) 下の廊下~中の滝

P1380749_Panasonic FT1 28mm

課題として残っていた?甲川(きのえかわ)へトライ。

台風10号のあおりを受けず大山界隈は奇跡的にギリ豪雨のからは免れたはずなのに、

水量多くいきなり進めない・・・。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~寒くて震えが止まらなかった沢~


スノーボード ブログランキングへ

P1380730_

P1380732_

P1380733_のだっち宅3時集合、大山のホトトギス橋駐車場5時半到着。

ゴルジュの連続と泳ぎ多数の為チビる程寒いとの前情報。

バラクラバに5㎜のウェットスーツ上下なのだっちと、普段と変わらないユニクロ半ズボンの河ちゃんは超対称的(笑)

P1380735_6時10分駐車場出発

P1380736_入渓地点の鶯谷までは徒歩45分。

P1380739_7時入渓するがいきなりの泳ぎは結構な水量。

P1380740_水はキレイ。

P1380747_関西ルート100では1時間半の予定であったが、鶯橋から30分で天王滝到着。

P1380748_その先の0.5m滝は水量が多く泳いで突破不可との判断。

通常は水線を越えていけるはず。

P1380785_のだっちの秘密兵器、finetrackの河童手袋を配しても無理だった・・・。

やむなくのだっちがハンマー投げるも遠くて届かず・・・。

左岸から巻いた。

P1380751_

P1380752_その後も泳ぎまくり、だんだん寒さで身体が震えてくる。

P1380757_そして私にとって今回一番の核心部。

P1380758_泳いで右側に取付き瀑流に足を取られないように乗り越えなけれいけない。

P1380761_上から見た写真。

この左手を進むのであるが、のだっちはフリー一発で越えた(さすが!)。

2番手河ちゃんはまさかの2回水流に呑み込まれた。

14100460_545222355684477_6547368973私はザイル確保されているにも関わらず白く煮える水流に4回呑み込まれ、本日の体力9割がたをココで消費してしまう。。。

後から分かるが本日の水量はかなり多かったらしい。。。という言い訳。。。

P1380762_のだっちが確保してくれている様子。

P1380759_そしてそれが終わるとさらにココを越えなければいけない。

正面突破は不可能なので、流木付近に水流の弱点をついてダイブしてからの左壁に取付き辛うじてのっこす。

P1380766_ウェット2枚重ねでも、低体温症のように身体は寒くてブルブル震える。

半ズボンの方は大丈夫なのが理解不能。

P1380771_ここはのだっちのカム、キャメロットを駆使して登るが3番手の私がハーケン回収するのに時間がかかり、またしても体力消耗。

ここで約1時間も費やしてしまった。

P1380774_そうはいっても前に進むしかない。

P1380775_中の滝界隈を5時間かかってようやく超えたあたりで単独のローカルさんに出会う。

入渓からなんとココまで2時間らしい!

想像を絶する速さ。

P1380777_12:30 潔く撤退。

標準CTでも上の廊下終了まで4時間、車に戻るまでを入れたらあと7時間半。

行けなくもなかったが、私の体力消耗と技術不足を考慮してもらい林道にほど近いここから藪漕ぎ。

P1380780_不完全燃焼であるが、温泉でゆっくりする予定。

P1380783_牛舎の匂いが香ばしい。

P1380784_次回私が居ない時に活躍させて下さい。

P1380786_温泉で大山ソフトクリーム食べて終了。

難易度高い沢登りはもう着いていけそうにない。。。

そして時間がタイトな場合は尚更。

膝、腕は打ち身でホンノリ出血、そして筋肉痛。

カム、ナッツを使う沢はやっぱり時間にゆとりのあるコースで行きたいな。

足を引っ張って御免なさい。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~寒くて震えが止まらなかった沢~


スノーボード ブログランキングへ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/358900/33923289

0831【沢登り】甲川源流(鳥取県 伯耆大山) 下の廊下~中の滝を参照しているブログ:

コメント

カツオさん

この沢、本来一泊のルートでしょう!
まあいつもスピード重視で行ってるようなんで行けるとこまで!
って感じで入渓したんだと思うけど..........
3級だし難しいよねぇ~

僕も大峯のイブキ癌とここも凄く興味あるけど、まだちょっと難しいかなぁ~
って思ってたとこでした~
でも大方半分位行けたんだから良しとしよう>^_^<

ヒロさん、まいどです。
不安はあったのですが、どこでもエスケープ出来そうなのと、メンバーの希望で日帰りになりました。実際現地でお会いした方は4時間で行っちゃうらしいので、まあそれは極端にしても状況により日帰りは出来そうです。でもまったり釣りしながらののんびり焚き火で沢泊もしたいですねー。 イブキグラは河ちゃん行ってましたが、私のレベルでは行けそうに有りませんでした(>_<)でもしっかり時間をかけて臨めばなんとかなるのかなと思ったりはしますが、私は身の丈にあった沢登りでまだ十分な感じです。安全第一ですf(^^;

コメントを投稿

フォトアルバム

パーツ

カテゴリ