« 0203【スプリットボード】立山駅⇔立山1DAY 35.4km12時間28分 | メイン | 2015-16雪山シーズン振り返り(UPし忘れ編、その1) »

2016年2月17日 (水)

0217【六甲全山縦走】須磨浦⇒摩耶山⇒六甲山⇒宝塚 6時間9分

Dsc_3321_ Sony Smartphone Z3

見慣れた景色になってきた。

須磨浦公園から神戸の中心街の方向である。

今日の雪山はpowder祭りであることは分かっていたが、意を決して六甲全山縦走へ。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~安心してください、歳は増えてもタイムは減らせます~


スノーボード ブログランキングへ

Dsc_3319__24時20分起床、5時12分の始発に乗るのは縦走の時はいつもの事。

足元は氷ノ山77kmレースでも使ったinov-8 trailroc255 6mmdropをチョイス。

けっこう寒いが半袖、半ズボンにpatagonia Houdini Jkt。

Dsc_3318_ 夜明け前の須磨浦公園駅。

6:22(前回6:20、前々回6:20)トイレが長引くがしっかり済ませ、前回より2分遅れでいざ出発。

送別会続きで増量58.8kg、石段を上がって行く須磨浦公園で始めから息切れ気味。

Dsc_3323_ 7:03(前回7:04、前々回7:08)

前回より3分早く到着。

走ると暑いのでHoudini Jktは高倉台で脱いだ。

Dsc_3324_7:03 横尾山頂312mから見た朝陽が眩しい(日の出は6:45)。

Dsc_3326_ 7:08 須磨アルプス

風が強くて走っていても寒くなる。

Dsc_3328_ 7:17(前回7:16、前々回7:23) 横尾住宅街

1分早いペースだがほぼ同じ。

こんな事で去年のタイムを上回ることが出来るのか不安になる。

Dsc_3331_ 8:03(前回8:06、前々回8:17) 鵯越駅。

高取山、丸山町を快走出来たかな。

ここで前回より5分の貯金。

Dsc_3332_ 菊水山手前で雪が・・・

六甲山頂付近がやばいかも・・・

Dsc_3333_ 8:34(去年8:39、前々回8:53) 菊水山458m、抜けるような青空。

Dsc_3334_ このくそ寒いのに半袖半ズボンの為か、挨拶したのにこのご老人達には無視されたww


Dsc_3336_ 8:45(前回8:50) 有馬街道の吊り橋、何度通っても懐かしい。

Dsc_3338_ 9:00(前回9:07、前々回9:29) 鍋蓋山486m

菊水山とここの登りは相変わらずキツイが、前回のような疲労は無い。

なぜか?成長か?

菊水、鍋蓋の下りは共に雪が所々にあり、やや慎重な足運びが要求された。



市が原で予定通り給水とトイレ。

500mlのポカリを半分飲み、飲み切っていたフラスコに半分は入れた。

これで摩耶山までは持つだろう。

今回の水分はゼリー以外は真水250mlのみとして、自販機で都度補給する軽量スタイルとした。

Dsc_3313_ 最終残ったモノ

・aminovitalゼリー1個

・塩熱サプリ1個

・チョコ1個(走っていると食べにくいがエネルギーになったし美味しい)

・PowerGel3つとaminovitalゼリー少量を混ぜた透明のプラケースは半分以上残った(飲むの忘れてた)

自販機の多い六甲は発汗の少ない冬なら縦走でも水250mlで事足りた。




Dsc_3339_ 10:02(前回10:12、前々回10:58) 摩耶山掬星台698m

意外とあっさり着いたという印象。

もちろん登っては下りの連続であるが、前回と比べ疲労は少ない。



Dsc_3341_ 10:52(前回11:17、前々回12:09) ガーデンテラス848m

前回は神戸GC付近で痛恨のルートミスをおかしタイムロスがあったのであるが、今回は無し。

故にここで22分の貯金。

Dsc_3342_ 展望パレスからの眺望。

ここで予定よりひとつ早めの給水。

ホットレモン250mlはがぶ飲みして、ポカリ半分飲み半分をフラスコへ。

この時点ではまだスポーツ羊羹には手を出していない。

aminovital粉末と塩熱サプリ注入。

塩熱サプリは1時間ごとに噛んで食べた。

ゆっくりしてはいられない!

22分の貯金、あと10分ちょいでまさかの5時間台か!?

Dsc_3344__2 と思いきや、いつも冬場アイゼン装着する場所がやはり雪まみれ・・・。

簡単には進めさせてくれませんな。


Dsc_3351_ 11:19(前回11:40、前々回12:53) 一軒茶屋890m

オレンジ100%250mlがぶ飲み。

あとは250ml満タンのポカリがあれば宝塚まで1時間ちょいは大丈夫なはず。

23分の貯金をあと11分は増やしたいとの思いで走っていく。

Dsc_3353_しかし宝塚への下りもやはり雪。。。

特にここは急斜面を下らなければならず、止む無くゆるめのラン。

こんな所で怪我は避けなければならない。

標高下がると雪は無くなって来たので出来る限り早く走る。


前回と同様であるが、この辺りで右足薬指に違和感、ツメが血豆になっていた・・・

紐が少しゆるかったのかな、次回への課題。

Dsc_3355_ 11:52 太平山681m、一軒茶屋から33分。



Dsc_3356_ 12:20(前回12:42、前々回14:04) 塩尾寺380m

スタート須磨浦から5時間58分。

宝塚駅で6時間切りは不可能となったが、まだまだ脚は全然行ける感じで急坂を走る走る。

Dsc_3360_ 街中も思いっきり走って、

Dsc_3364_ 12:31(前回12:53、前々回14:17) 宝塚駅到着!

6時間9分(前回6時間33分、前々回7時間57分)上出来^^

前回はちょうど一年前の2015年2月18日だった。

Dsc_3367_多くの人がダウンジャケット着ているのに半袖半ズボン。

毎年、歳は増えていくのにタイムは減っていくという現象に自己満足。

Dsc_3368 ポケットに忍ばせておいた去年のタイム。

去年ルートミスした事を考慮すれば実質10分ほどの短縮だろうか。

但し去年の備忘録にはミス無ければ20分短縮できると書いてあったので、ほぼその通りか。

そろそろ限界が来ているのかもしれない。

しかし去年と違い今回はまだまだ体力が残っており、時間を掛ければ須磨まで戻ることが出来そうなくらいに元気であった。

老化に逆らってまたチャレンジしてみたい。

帰宅後は奥様と3km程ウォーキング。

 

201212154_3 自分との戦いに負けずに良かった。

おつかれ、自分。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~安心してください、歳は増えてもタイムは減らせます~


スノーボード ブログランキングへ

【備忘録】

・左足の紐はキツク結び過ぎて足の甲が痛んで途中結び直すが爪はやられず

・右足の紐は緩かったのか宝塚の下りで薬指爪が血豆(カバーを2重にするか?)

・PowerGelは2つでaminovitalゼリーと混ぜれば良い(フラスコ125mlで良い)

・キャップは防寒用が良い

・ザックは3Lでいけた

・脚の回転を意識すれば筋肉痛にならない?

・体重58.8kg⇒57.7kgとあまり減らず

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/358900/33744031

0217【六甲全山縦走】須磨浦⇒摩耶山⇒六甲山⇒宝塚 6時間9分を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

パーツ

カテゴリ