« 1109【六甲全山縦走】須磨浦⇒摩耶山⇒六甲山⇒宝塚 10時間15分 | メイン | 1207【トレランレースin宝塚】阪急山本⇒中山・北摂大峰山⇒JR武田尾 »

2014年12月 3日 (水)

1126【六甲全山縦走】須磨浦⇒摩耶山⇒六甲山⇒宝塚 7時間57分

P1290594_Panasonic FT1 28mm

今月(今年)2回目の六甲全山縦走、2014年としてはラストラン。

どんな困難が待ち受けているか?!

 

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~六甲全山縦走チャレンジ3回目~


人気ブログランキングへ

Dsc_0425_1

 

朝ご飯は、タンパク源を摂るべく卵ご飯。

結局卵は3つ入れてみた。

バナナ1本、アミノ酸ゼリー2個を食し、リポビタンDを飲んで気合十分。



P1290558__2 4時15分起き、始発電車5時12分。


P1290561_ モントレイル バハダ。

150kmくらいしか走っていないはずだが、ソールの爪先側突起が無くなってきた。

もう寿命か。。。

履き良いけど短命?私の足運びに問題あるのか。。。



新開地駅で平野と合流し、須磨浦公園駅6:10到着。

P1290563_ 6:20須磨浦公園駅出発。

今回は出発からパートナー付きで嬉しい。

長ズボンにシャツインな感じの平野さん!



P1290564_

P1290565_ スタート直後から小走りでブレぶれ。

タイムトライアルなんで200gのデジカメ持参するか迷ったが、やっぱり持ってきた。



P1290566_須磨の海とドンより厚い雲、天気はなんとかもって欲しい。



P1290567_ 7:08横尾山

前回より9分遅れ



P1290568_須磨アルプス。

登りでは平野にとても追い付けないが、下りでは先に行かせてもらった。



P1290573_ 7:23横尾住宅街(前回7:14)

ロードはずっと走っている。


P1290574_ 8:17鵯越駅(出発から約2時間)

とにかく暑い、汗だく。

Screenshot_20141125195434 山頂の予報は昼12時で9度と高め。

半袖にアームガードで行けば良かったし、短パンでふくらはぎガードで良かった。

ここを間違えると発汗量が多く疲労を加速させる。

ちょっと失敗した。



P1290576_ 菊水山の入り口、色付きが良い感じ。



P1290577__28:53菊水山458m(前回8:58)

相変わらずココの登りはキツイ。

登りは全く平野に着いて行けず、私は遅れて到着。




P1290578_ 有馬街道天王橋。

P1290579_ 9:29鍋蓋山(前回9:38)


P1290582_ 菊水からの下りは私が先行し、鍋蓋までに平野に追い付かれる予定であった。

が、山頂到着し10分程待っても来ない。

平野は途中で脚が攣り万事休すだったようで、無理して鍋蓋山頂まで来たけどココでリタイヤするとのこと。

タイムトライする私に気をつかっての事だったと思う。

記念撮影をして申し訳なかったが先に行かせてもらった。

すまなかった・・・その分頑張って来るので。



P1290583_

P1290584_鍋蓋山からの下りはスピードを上げた。

紅葉がまさに旬であった。

市ヶ原まで頑張り500mlアクエリ補給。

飲み過ぎると腹痛で走れないが、身体が水分を急激に欲し止むを得なかった。

P1290586_ 10:58掬星台(前回11:07、出発から4時間40分)

鍋蓋山から1時間15分で到着、予定では11:30だったので悪くない。

縦走大会ではここで20分休憩してしまったが、休憩なしで先を目指してこの先の自販で500mlアクエリ補給。

P1290588__2 11:44前回肉まん休憩をした藤原商店、そのままスルーした。

フラットロードなんでなんとか走りたいのではあるが、ふくらはぎの筋肉が痛み出して思うように進まない。

このあと六甲山ゴルフ倶楽部を通るが全く走れなくなった。

まさかの膝が痛み出したのだが、サポーターは持ってきていない。


P1290589__2 12:09ガーデンテラス

ロキソニンを持って来るべきだったと激しく後悔するも、だましだましココまで来た。




P1290590__2

P1290591__2

P1290592__2しかたない、時間をロスしてもエネルギー補給と体力復活に時間をかけようと判断。

ウィンナー入りおにぎり1個半、アミノ酸ゼリー、アミノ酸飲料500mlで回復に努めた。

そして寒くなってきた。

リタイヤも考えたが、行ける所までいってからにしよう。




P1290593__2 12:53六甲山頂付近の一軒茶屋(縦走大会時14:53)

280mlのオレンジジュースをあの自販で購入、急に体力回復。

ビタミンCが効いたのか??



タイムは悪くない、須磨浦から6時間33分。

宝塚までは2時間あれば行けるはず、8時間台可能か?!

P1290594_ さあ、ココから約14km先の宝塚駅を目指そう!




P1290595_場所によりぬかるみ、場所により一面の落ち葉。

下りはガンガン走るが、左足のつま先が明らかに痛みを発してきた。

多分黒爪は一つは確定やなぁと思いながら、ココまで来たしゃーないと諦めた。

痛みを我慢するのみ。




P1290596_ 13:28太平山手前のアスファルト。

ここからどれくらいだったのだろう?

やはりその場所、場所から目的地までのタイムを把握しておかなければいけない。

膝よりもふくらはぎと爪先が痛むが可能な限り走る。




P1290597_ 13:38大谷乗越



P1290599_ 走る、走る、走る、とにかく行けるトコは走る



P1290600_ 13:55ゆずりは山分岐




P1290601_ 14:04塩尾寺

限界はとっくに超えている。


あとは歩いたら40分かかる宝塚駅まで。

ん?!14時20分までに着けば7時間台でいけるやん!

って、ここで気付く。

そうなったら可能性を追求し、アスファルトの急坂を走る走る!!

もうこうなったら足が壊れても良いか、って思いながら痛みを堪えてただただ走る。

P1290605_ 14:17宝塚駅到着

塩尾寺から13分、須磨浦公園駅から7時間57分

自分でも予想外のタイムにビックリw( ̄Д ̄;)w

一軒茶屋からは1時間24分。

P1290606_ 疲労困憊で座り込む。

この達成感はなかなか味わえるものではない。

先を譲ってくれた平野に感謝すると共に、感動してうるっときた。

P1290607_ 2014.11.26 最後の元気を振り絞って記念撮影。

放心状態(笑)。



初めていった六甲縦走は2年前

Dsc05796_ 2012.12.3 膝のサポーターが痛々しい。


3時間の短縮が出来たことは大きな成果であった。

40代半ばのおっさんでもやれば出来る!


今後は雪山シーズン、体力作りは出来たと思う。

ギアの準備だな・・・。

帰宅後の体重は56.4kg。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~六甲全山縦走チャレンジ3回目~


人気ブログランキングへ



【備忘録】

・ストックの長さは110cmが良い

・おにぎりは1個、塩多めが良い

・ゼリーは4個用意して全部飲みきった

・塩ようかんは2個で良い

・チョコは1個も食べず

・11月までは気温見て半袖、短パンで良い(山頂予想5度までならいけそう)

・ゼリーを2個凍らしておいたら水も冷たいままいける

・オレンジジュースは体力回復に良い

・やっぱりカメラはいる

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/358900/33070239

1126【六甲全山縦走】須磨浦⇒摩耶山⇒六甲山⇒宝塚 7時間57分を参照しているブログ:

コメント

放心状態でもセルフタイマーのセットは完璧っすね♪

さすがっすぅ♪

fukudaさんの雪山には とてもついていけそうにないなぁ。。。

福田さん、お疲れ様でした。あのあともハイペースで行かれたのですね。
鍋蓋山のリタイヤは気をつかったのではなく、ホンマ足がきてました。
(ちょっと休憩して追いかけようとしたのですかダメでした。)
省エネ走法をまた教えてください。

■kamaさん、あざーす!そこは外せませんでした(笑)

 沢もご一緒出来ませんでしたので、雪山は行きたいものですねー。

 しかし今シーズンは多忙で無理かも。。。

■平野さん、ホントお疲れ様でした!

 お陰さまで目標タイムを大きく上回りました。

 平野さんの素質は元々高いレベルであるので、トレラン走法を取り入れたら激早になると思われます。

 装備も軽いほうが良いですよー。また行きましょう!

コメントを投稿

フォトアルバム

パーツ

カテゴリ